心と体が楽になる本

なぜか夢中になってしまう本や、リラックスできる本、何も考えなくていい本の紹介

検索
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
仕掛人 藤枝梅安
必殺が久々にドラマ化されました。

元々は、この藤枝梅安だったとのお話を何かの本で読んだことがあります。
本の紹介をしていて…これではいけない?かもしれませんが、家中の本をひっくり返して、ご報告したいと思います。

仕掛人…ちょっと暗いです
本当に江戸時代にいてくれたのかなぁ?
私の大好きな江戸もの

いて欲しい気も…

梅安さんと彦さんの掛け合いが、お互いを本当に信頼しているのがわかります。
世のため人のためにならない…と言われて仕事を引き受けるのですが、いつもこのお二人。心に痛いところをお持ちです。決していいことしていると思ってない。人殺しにはちがわないと…
だからこそ、この本、暗いのにはまるんです。
人情きちんとあります。ちょっと考えさせられる部分もあります。

決してすっきりは、しないです。私は。なのに居てもらわないと困るって思います。

現代にも何か通じる何か通じます。


今日もおいしい話

彦さんが大好きな湯豆腐
ちょっと時期はずれなんですけど。
素朴過ぎて、おいしそうなんです。

池波先生の本は、おいしいもの盛りだくさんです。


はじめまして!!
はじめましてbikkuri01mataminです。お気に入りの本のことや、話題の本のことについて少しずつ紹介できればいいかなぁ・・・とbikkuri01

本ってその時の自分の心にすごーくしみ込むような気がします。
最近は電子書籍もいっぱいあるし、ネット小説なんかもありますよね。(ちなみに私はどちらもまだ読んだことはありません。。。どなたか教えて下さいませ。)
スッキリしたり、楽になったり、夢中になったりする時間って大切だと思うので、少しでも私の記事に興味もたれた方は是非、よんでみて下さいませ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。